h

ドイツはドイツをどう感じているか?
ドイツや他国への理解についての、ドイツ人へのオンラインアンケートは驚くべき結果を示した。

まず最初に、
「最も自身のアイデンティティーに影響を与えているのは、民族・宗教・国のどれなのか?」という問いを行った。
(中略)
わずか3分の1の回答者が、[ドイツ人であること]が自身のアイデンティティーに最も重要だと回答し、
宗教や国家がより自分のアイデンティティー意識に重要だと答える人の方が多かった。

しかし回答者の60%がドイツ人であることを「ポジティブ」「良い」と考えており、
4分の1が「中立的」「普通」と考え、10%未満の割合の人が「ネガティブ」「とても悪い」と考えている。


(中略)
そして「EUの中で最も好ましい国はどこか?」という問いを行ったところ、
過半数の人が「ドイツがEUの中で最も好ましい国」と回答した。

47%の人が「ドイツ」と答え、大差を空けて「イタリア」と7%の人が回答した。


また、「自分のアイデンティティーをもっともよく表しているものは何か?」という問いには
「ドイツ人であること」と答えたのが最も多く、全体の31%を占めた。
ドイツ東部出身者に限れば、39%の人が占めており、これはドイツ西部出身者の29%を上回っている。

この質問では他に、総じて13%の人が「自分の地方」と答え、12%がが「自分の街」、11%が「自分の州」と答えた。
そして10%が「ヨーロッパ人であること」もしくは「コスモポリタンであること」と回答した。
「自分の近所」は3%、そして「ドイツ以外の他の国」と答えたのは2%に過ぎなかった。

(中略)

ドイツには9カ国の国と国境を接しているが、
「このうちどの国を最も身近に感じるか?」という質問に対して、
ほぼ26%の回答者が政治的な部分で「最もオーストリアを身近に感じる」と回答した。
それに続いて「オランダ」が17%、「フランス」が13%、「デンマーク」と「スイス」がそれぞれ8%だった。

しかし価値観や見方は州ごとにかなり異なっており、特にこの質問ではそれが顕著であり、どの州がどの国と近いかに影響された。

例えば南部の州であるバイエルンは49%が「オーストリアに親近感を覚える」と答え、
北西部の州であるノルドライン=ウェストファーレン州は39%が「オランダ」、
南西部の州であるザールラント州、バーデン=ビュルテンベルク州は「フランス」、
北部の州であるシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州のは「デンマーク」と答える人の割合が多かった。


(引用・抜粋)

http://www.focus.de/politik/deutschland/umfrage-zeigt-so-deutsch-fuehlt-sich-deutschland_id_5947872.html





1. ドイツ人
ドイツ人であることを誇りに思ってるよ。ドイツへの誇りもある。
だから今イスラムがドイツでのさばっていくのは 我 慢 な ら な い。

もし俺のことをナチだとか言う奴が居るなら、俺に返信してみろ、丁重に応対してやる!

それに何を言おうが、今この国で起こっていることが異常でおぞましい事だってのは変わりはない。







2. ドイツ人
こういうアンケートを見ると、どのくらい正確に回答者に質問がなされたか少し疑わしく感じる。

そしてそういった場合、自分ならどう答えてしまうのだろうか…っていうのを考えてしまうね。







3. ドイツ人
自分のことをドイツ人だとか、イタリア人だとか、ポーランド人だと堂々と言っている回答者に嘘発見器をかけたとしたら、たぶん発見器に引っ掛かるだろうな。

俺は気分で嬉しくも、悲しくも、楽しくも、退屈に感じることは出来るが、
決してドイツ人的にも、ハンガリー人的にも、ロシア人的にも、シリア人的にも感じることはない。
そもそもドイツ人が「ドイツ的」に感じるなんて、おかしな事なんだ。

だって俺はドイツ連邦共和国に生まれた、ヨーロッパ人なのだから。
だからもし俺がイタリアやフランスに生まれたとしても、俺にとっては何の問題もない。
どこの国出身かなんて問題ではないし、どこで生まれたかなんて単なる偶然に過ぎない。

ドイツ人もオーストリア人も、ポーランド人も何か特別な者でも何でもない。


ヨーロッパ人であるって事は進歩していることを意味する。
国家主義者であることは、逆に退化や偏見に囚われていることを意味する。

もし今のドイツで難民に反対してるような奴は、難民が居なくなった次はポーランド人に攻撃するだろう。






4. ドイツ人
>>3
ヨーロッパ大陸とEUの意味をごっちゃにするな。

実際の所、ヨーロッパは地続きの国々が集まった、アジアと隣接したただの大陸だ。
だから合わせてユーラシア大陸って呼ばれているんだし。
この「ヨーロッパ」って地域の概念にEU的な要素は何の関係もない。

EUは一つの政府の元に統一されたヨーロッパっていう存在理念でしかないし
今日のEU加盟諸国からなる自由のための連邦国家に過ぎない。
だからアメリカとか、かつてのローマをモデルとしてヨーロッパに作られた組織がEUだ。


何が言いたいかって言うと、要するに「ヨーロッパ人」っていう考え方は、ちゃんとした理想や理念があって初めて成り立つもの。





5. ドイツ人
ドイツの豊かさや文化の素晴らしさは、俺らドイツの国の中では一番に思っていいし、思うべきだ。

ドイツ人であることにも誇りを抱いて良いと思う。

永遠にドイツへのナチス・バッシングが続くのはおかしいし、ただドイツの正当な利益を封じ込めてるだけだ。

他の国の連中はオープンに国への誇りを示しているし、そのことにマイナスイメージもない。
俺たちだって同じようにしたって良いはずだ。
今こそ俺たちドイツの国、ドイツの価値観そしてドイツの文化をしっかりと認識するべき。
そうすることで、俺たちの価値観とは相容れない連中にはドイツに居場所はないってことをハッキリと示せる。

俺らが連中に合わせるんじゃなくて、俺らの所に来る連中がドイツに合わせるべきだ。






6. ドイツ人
>>5
どんな文化や価値観のことをさしてそう言っているんだ?
ナチス体制以前のものか、それとも戦後のことか?

ドイツの文化で誇りに出来るのは、常に多文化なものだけだ。
ルール地方の鉱石業だってポーランドからの労働者なしには有り得なかった。
その他にも、鉄鋼業、法学や詩も同じことが言える。

それに戦後の60年代にはたくさんのガストアルバイターが来ただろう。






7. ドイツ人
ドイツにいる俺たちはかつてナチス時代に起きた事には絶対に反対だ。
それらの出来事はとても酷いものだと思うし。
まるで去ることのない呪縛のように未だにドイツに憑りついてる。

俺らはそういった出来事から学んで、もう二度と起こさせないと信じている。

にもかかわらず、この過去は俺らのドイツ人意識や誇りを失わせて、現在や未来にも影を差していてる。

ドイツ人はあらゆることを妥協するために、
ただ寛容であることが良いと信じ切っているが、
これは大きな災いになっていくだろう。






8. ドイツ人
ドイツ人とは何なのか?
政治による差別や、メディアによる「右翼」「ナチス」のようなレッテル貼りの中傷に
ドイツの保守勢力は晒されている。

ドイツのキリスト的文化を救うことが必要だ。




9. ドイツ人
俺は自分の故郷やドイツの文化を愛しているし、偉大な詩人やオペラも大好きだ。
ドイツ文学も多様な自然も好きだし、これらをヨーロッパの隣人たちと一緒に楽しむのも最高だ。

でも腐敗した政治家は嫌いだし、メルケルも嫌い、多文化主義もうんざりだ。
ドイツ人が貧困化するのも望んでいないし、嘘つかれてばかりの政治やメディアももううんざりだ。

ただ将来の世代が幸せに暮らせる未来が欲しい。


貧しいドイツ人は助けたいが、社会保護に寄生するよう者は助けたくない。
難民たちは国に帰れるように支援したい。







10. ドイツ人

>そして10%が「ヨーロッパ人であること」もしくは「コスモポリタンであること」と回答した。

はいはい、良い子良い子。こんなこと言ってるけど、
もしドイツの納税者やドイツ社会から、色々な手厚い社会保護や支援が受けれなくなったら、
どう意見が変わるのか見物だわ。






11. ドイツ人
というかこの記事の画像は何だ?

サッカーのワールドカップならこういう光景を見たこと有るが。
何でわざわざこのアンケートにサッカーの写真なんかを引っ張り出す?





12. ドイツ人
俺は新たなドイツの姿を誇りに思う。

このアンケートの結果を見ると、「ドイツ」ってことを60パーセントの国民が良いイメージで捉えている。
国民の多くが、俺たちの美しい国のことをイメージしているんだ。

俺たちは第三帝国の烙印を乗り越えて、
自由で寛容で多様な社会を持つ、友好的な民族へと生まれ変わったんだ。

ドイツは今では世界で最も愛されている国だし、そのことを俺は誇りに思う。

最も重要なのは、もう二度と暗いナショナリズムやレイシズムの陰を俺たちの元で二度と目覚めさせないことだ。





13. ドイツ人
>>12
は?笑わせんな。
ここドイツでは、自分がドイツ人であるって意識を持って良いに決まってる。

今までのドイツは誰も彼もを援助しようだなんて考えるほど、狂っていた。

もういい加減目覚めて、現実の空気を吸うべきだ。






14. ドイツ人
別によそ者への不信感なんて、世界中どこにでもある原始的な本能に過ぎないだろう。

元々の故郷を去るような奴は大抵、もといた土地に馴染めなかったとか、ルールを破って追われたとか、
他の所にはない何かを求めているからとかそういう理由がある。

もちろん緊急事態に陥って去らざるを得ない人たちは助けが必要って言うのは理解できる。

でも受け入れる土地の住民には、やってきた人間が何を考えているのか知るために、
その人たちがどういう理由で、なぜドイツに来たのか調査・確認をする権利もある。





15. ドイツ人
メルケルさんにとっては俺の声なんか聞こえないし、単なる一市民に過ぎないかもな。

だからこそ、逆に俺も彼女のことなんか全く理解できない。


俺はメルケルさんのことを「首相」だなんて呼んだことは一度もない。
だって首相なら国民の幸せのために尽くすのが首相ってものなのに、全く彼女は当てはまってないんだもの。

彼女が退陣することでしか、国は良くなりようがない。







16. ドイツ人
長いこと「ドイツ」って概念を放棄していたような状態だったよね。
だから「ドイツ」って意味も薄れてしまった。

俺らドイツのアイデンティティーとは何か?
それは俺らの文化・価値観・伝統そのものであり、みんなが共有しているもの。

ドイツの基本理念を受け入れず、社会へ統合しようとしない一部の人間が俺らの国の中にいて、
そいつらのせいでそういったアイデンティティーが犠牲になっている。

ムスリムの連中や、緑の党のような一部の少数派がドイツの旗をワールドカップで見たくもないと言って、
ドイツの在り方を変えてしまったりしている。

ドイツの首相でさえ、ドイツの旗を忌避しているのは大きな問題だ。





17. ドイツ人
俺はドイツ人であることが恥ずかしい。
更に言うなら、恥を感じている自分が恥ずかしい。
分かるかなこの意味…。

これが新たなドイツ人のアイデンティティーなのかなあ…。






18. ドイツ人
俺は自分のことはドイツ人だと思っているが、
この国にいてももう安心なんか感じないし、自分の母国だなんてもう思えない。
あまりにも悪い方向へ転がりすぎた。

だからもうこの国を数年以内に去ろうと思ってるけど、特に抵抗は感じない。

この国で生きる価値はないし、犯罪者を支援しているような
腐敗した政治や司法が蔓延っているこの国にはもう未来などない。








19. ドイツ人
2016年のドイツか。
この記事を書いた奴は未だに気付いていないんだろうが、

第一に、俺はもはや家にドイツ国旗を掲げることで、国との繋がりを表現することに価値があると思ってない。

第二に、政党の人間が選挙に出ることはもはや国にとっては危険だ。AfDを見れば分かるだろう。







20. ドイツ人
ドイツに後からやって来た人々の統合が幻想に過ぎないってのには他にも理由がある。

一体どこの誰が今のドイツみたいな、マゾのような自虐文化の国に溶け込みたいと思う?
いつも世界に向かって謝罪したり、恥を感じ続けているような国にさ。

今じゃあAfDなんかが誇りを持って毅然としているとして、若者にとって力強さの象徴になっている。

他所からやってくる連中も含めて、世界中の人間は恥と自己嫌悪からあらゆる国に支援をし続ける、
弱いドイツ人たちをあざ笑っているよ。







21. ドイツ人
ドイツとヨーロッパに対して俺はアイデンティティーを持ってるよ。
まあドイツに対してアイデンティティーを持つのは、俺らの左翼社会じゃ文句を付けられるけどね。

人は自分の体と自分が生まれる国を選べない。
しかしそれでも国と自分のアイデンティティーを結びつけることは大切だ。

初めは家族に所属するのからはじまるが、人は何かしらのグループに所属することが必要。
そして自分の所属するグループが成し遂げたことは、誇りに思って良いと思う。
でも誇りと驕り高ぶることを一緒にしてはだめだけどね。

ともかくどんな国の人でも自分の国のことを誇りに思うのは悪にはならない。

                





22. ドイツ人
そもそも一体誰がこのアンケートを受けたんだ?






23. ドイツ人

年金生活に入ったら、先祖代々から住んでるこの国を去る計画をちょっと前からしてる。
そして出来る限り安全な所に移住して、余生をゆっくり静かに送るんだ。

ここドイツでは、老年層の貧困化、増加する犯罪率、社会の基本的価値観の崩壊によって俺の生活は脅かされている。
なので、俺の年金で十分に暮らせるレベルの所へ移り住むのさ。

政治家や特権階級がこの国以上に腐ってるところなんて外国にもないし、
メルケルが首相として支持者をバックにつけているのよりもひどい状況はない。

多くの人々の利益を害する政治がまかり通っているんだ。

残念なことに、この国はもはや俺の知ってる国じゃない。
俺の故郷でもない、俺の父や母の国でもなくなってしまった…。








24. ドイツ人
ここの怒れるドイツ人たちのコメントを見ろ。
ドイツではまともな規則やルールなしでは、
論争的なテーマに関しては議論を行う事はもはや不可能になっているってことを示している。

これはドイツのオンラインや紙媒体のメディアが、
人々にネチケットやガイドラインの厳守を徹底するか、
さもなくば今すぐにコメント欄や投稿欄を閉鎖するかに迫られてるって事だ。

ここで暴れてる奴は、もしかしたら明日には難民キャンプに火を付けに行く可能性があるような状態だ。







25. ドイツ人
ドイツねえ…。

俺もそれを感じることはあるけど、一歩街に出ればもうそんな気分じゃなくなるな。
ドイツにいるとさえ思えなくなる。

ありがとよ!






26. ドイツ人
自分の故郷を愛しているし、ドイツの民主主義にも満足している。
でも今盛り上がっているナショナリズムには愚かさしか感じない。

ドイツ人は今悪い方向にも舵を切ってしまている。

僕たち人間はみんな一つの地球に住んでいるんだし、協力しなきゃ行けない。

分離主義や孤立主義は本当に愚かで何の利益ももたらさないよ。






27. ドイツ人
>>26
そりゃあそうだがな。
確かに俺らは同じ地球に生きている、でも違った国に住んでいるし、生き方だってかなり異なっている。

その中でもやはりドイツに住むのは幸せで有利なことだろう。
だからドイツは自身の身を隔離して守らなくてはならない。

さもなくばドイツの富を狙ってアフリカやアジアから大量に移民が押し寄せてしまい、
あっという間に第二のアフリカになってしまうだろう。

俺はそんなのはゴメンだ。






http://www.focus.de/politik/deutschland/umfrage-zeigt-so-deutsch-fuehlt-sich-deutschland_id_5947872.html