1. ドイツ人
日本の子供たちが食事を始める前に作ってくれた人たちに感謝するのは好きだな。

食事の準備の時も異なる役割をそれぞれ分担しているのも良いと思う。

とにかく素晴らしい。
給食が出される背景にはたくさんの人たちが居て、それで成り立っているってことを
子供たちによく教えている。







2. ドイツ人
日本の学校で何が良いかって言ったら、やっぱり生徒自身が周りをきれいに保っていること。

一方で俺らドイツの学校を見ると、校舎にはどんだけゴミや落書きがあることやら…。
どうせ誰かがやるだろうって思って、結局誰もきれいにしない。


日本では責任意識や他の人の仕事へのリスペクトが、しっかりと教育されているんだろうね。






3. ドイツ人
>>2
もしドイツで可愛い我が子に床をブラシで掃除させようものなら、
父母会や地元紙などなど、あらゆる社会勢力がすぐに学校への抗議に向かうだろうね。








4. ドイツ人
何より考えると面白いのが、
生徒たちはもしトイレ掃除の担当に回されたらどうなるのかってこと。







5. ドイツ人
「食戟のソーマ」とはだいぶ違うな…。







6. ドイツ人
日本の学校は金がないから、生徒に掃除させたりしている。
ドイツの学校でも、日本のように校内の清掃の大部分は自分たちでやるようにすべき。
だって日本同様に国に金がないんだから。


あと実際には日本の学校は、西洋の学校と同じくらい汚いぞ。







7. ドイツ人
>>6
うーん、興味深いね。
ロマンチックな世界観を、現実で目を覚まされるときはなんかほっとするな。







8. ドイツ人
>>6
まあ動画を見る限り、校舎も器具も特別優れた点はないよね。

それに動画で出た給食もそんなに良いとは俺は感じなかった。
たしかに自分たちで準備しているのかもしれないが、給食メニューの自体は安っぽく見える。


あと一番気になったのが、日本の子供たちが電動歯ブラシを未だに使っていないことだった。







9. ドイツ人
ドイツだと清掃員たちがストライキに入ると、校舎が悲惨なことになるんだよねえ…。








10. ドイツ人
1クラス34人!?
少子化に関しては、日本は俺ら以上にひどいな。







11. ドイツ人
>>10
日本では一般的に個人主義は重要じゃない。日本の授業はほとんどが講義形式だし。
黒板の前で先生が教えたことを生徒はただ暗記するだけ。
だから別に人数が少なかろうが問題ないのだろう。



正直言ってこれはあんまり良いとは言えないが、ドイツの学校の状況よりはマシかもしれない。











https://www.reddit.com/r/de/comments/6vxdpy/schulessen_in_japan/